【人生絶望の貴方へ】失恋したときに実際に私が実践した心の保ち方を紹介します

【人生絶望の貴方へ】失恋したときに実際に私が実践した心の保ち方を紹介します大好きなあの人に告白したけど、うまくいかなかった。大好きな恋人と別れることになった。

失恋してしまったときには、心にぽっかりと穴が空いたような感覚になります。

失恋したとき自分の心をどう保っていけばよいのかについて実体験を交えてお伝えします。

自分を責めない

恋愛がうまくいかなかったときには、「あのときああすればよかった。」「あんなこと言わなければよかった。」などと自分の言動について後悔してしまうことでしょう。

しかし、自分のことを責める必要はありません。

あなたがしたこと、言ったことが不正解だったわけではないからです。

その瞬間に、あなたが出した最良の選択だったはずです。それが間違いだったのではありません。

相手と「合わなかった」というだけです。

そのときに「合わなかった」ということは、悲しいですが遅かれ早かれすれ違いがおこっていたということです。

自分の意見を押し曲げてまで、自分のやりたいことを変えてまで、相手に「合わせる」ことが正解なわけではないのです。

必ず、ありのままのあなたを愛してくれる人はいます。自分を責めすぎないようにしましょう。

無理に忘れる必要はない

失恋の傷は、必ず癒えます。

新しい恋をしたとき、仕事がうまくいったとき、物事がうまく進んでいるとき、願いが叶ったとき。

いつか、必ず「あんなこともあったね」と笑って話せる、思い出せる日がやってきます。

そうなるまで、無理に相手を忘れる必要はありません

あの人がいつもいた場所。一緒に行った思い出の場所。

好きだったときによく聴いた曲。撮った写真。くれた言葉。お揃いの品。すべてをすぐに忘れてしまわなくてもよいのです。

相手を恨まない

どんな失恋だったのか、にもよりますが、相手のことを恨んでしまいたくなるときもあると思います。

しかし、「恨み」からよいことが生まれることは絶対にありません。

必ず、あなたに何かを与えてくれたはずです。

好きになった相手を恨んでしまうことは、好きになった自分自身を否定してしまうことにもつながるのです。

やりたかったことをしよう

恋をしているときには、そのことで頭がいっぱいになってしまうものです。

やりたかったけどできなかったこと、時間ができた今こそ、やりましょう!

同性の友達と思いっきり遊ぶ。

趣味に没頭する。朝から晩までごろごろする。

着たかった服、してみたかった髪型にする。

自分のためだけに、贅沢にお金と時間を使いましょう。

そうすることが、あなたの人間としての魅力を磨くことにもつながります。

まとめ

まとめ

失恋はつらく悲しいものです。乗り越えるには時間もかかることでしょう。

しかし、いつか必ず思い出にすることができます。

あなたの経験となり、新しい未来をつかむための力となります。

【人生絶望の貴方へ】失恋したときに実際に私が実践した心の保ち方を紹介します
最新情報をチェックしよう!