【これで解決!!】心を落ち着かせる方法3 選【怒り編】

「どうしても許せない」

「怒りがおさまらない」

そんなときに、どのようにして心を落ち着けていますか?

今回は、怒りをうまくコントロールし、心を落ち着かせる方法を紹介していきます。

怒った時に心を落ち着かせる方法3 選

ひとりになる

イライラしているときには、ささいな出来事や、いつもなら気にも留めないような誰かの一言にすら、敏感に反応してしまい、より怒りが増して悪い方向に進んでしまうものです。

イライラする時には、ひとりになる時間が必要です。

例えば、自分の部屋に入り、ベットで横になる。

カフェに入って、何も考えず、ぼーっと過ごす時間をもつ。

など、短い時間でもよいので心を落ち着ける時間を確保しましょう。

仕事中や、子育て中で小さい子供がいらっしゃる場合には、なかなか難しいかもしれませんが、ここで私がおすすめしたいのはトイレです。

5分でも、3分でもよいのです。

「ひとりになる」時間をもち、心をリセットすることが必要です。

切り替える力を身につける

あなたが怒っている、イライラしている原因は何でしょうか?

職場や学校でミスをしてしまい、注意されたことですか?

恋人や家族と喧嘩をしてしまったことですか?誰かに何かひどいことをされましたか?

一度、しっかりと考えてみましょう。

「怒り」とは、大抵の場合、誰かに向けられています。

では、その「怒り」はどうすれば解決するのでしょうか。

相手に怒りをぶつければ、すっきりするのでしょうか。

そうではないことのほうが多いでしょう。

もし、誰かとの衝突で怒りの原因に相手がいるのであれば、ひとつ胸に留めていて欲しい考えがあります。

それは、「誰かをあなたが変えることは難しい」ということです。

あなたが変えられるのは、あなた自身だけです。

例えば「きつい言い方をする人」にそれをやめてもらうということは難しいですし、「価値観や考え方の違う人」に自分の考え方や思いを理解してもらうことは難しいでしょう。

したがって、いい意味で他人に期待を持たすに「諦める」という力を身につけましょう。

あなたがイライラすること、怒りを持ち続けることにパワーを使う時間はもったいないのです。

怒りを持つことにパワーを使うよりも、もっと楽しいこと、やりたいことをするために、時間と労力を使った方が人生を豊かに過ごせます。

諦める力、切り替える力を身につけていきましょう。

誰かに話を聞いてもらう

ピークに達した怒りをひとりでコントロールするということはなかなか難しいことです。

そんなときは、誰かにあなたの思いを聞いてもらいましょう。

人と話すことによって、スッキリすることもあります。

ただし、そのときに注意したいのは、できるだけ怒りの対象者とは関わりのない人に相談することです。

相談する人と怒りの対象者が知り合いであったり、仲が良かったりする場合、また新たな問題を生む可能性もありますので、注意しましょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

怒りという感情をコントロールすることはとても難しいことです。

しかし、いつまでも怒りにパワーを使うのはもったいない!うまく怒りをコントロールし、楽しい毎日を過ごしていきましょう。

最新情報をチェックしよう!