【これであなたも色物】心の在り方を変える方法7選

【これであなたも色物】心の在り方を変える方法7選

理想の自分に近づくために、どうすればいいのでしょうか。

一緒にいる人を変える、職場を変える、学校を変える、といったように、周りの環境を変えることも、間違いではありません。

しかし、それだけでは十分とは言えません。

自分自身を変えることに、周りが全てなわけではないからです。

では、なりたい自分になるためには、どうしたらよいのでしょうか。

「心の在り方を変える」方法を7選紹介します。

決断する

まず大切なことは「はっきりと」自分で「決断」することです。

自分の在り方を誰かに決めてもらったり、人に任せっきりにしたりするのでは、なりたい自分にはなれません。

同じように、「こうなりたい。」「こうしたい。」と心の中で思っているだけでは、それは現実のものとはなりません。

なりたい自分、自分はどうするかは、しっかりと自分で決断しましょう。

そうすれば、そのために自分がなにをすべきか、今の自分にはなにが足りないのかを考え、行動することができるようになります。

あなたの人生はあなただけのものであり、どうなるか、どうするか、はいつもあなた次第なのです。

なにをするときにも、自分のことは自分の心に従い、自分自身で選択するようにしましょう。

よいところに目を向ける

生きていくうえでは、たくさんの人たちと関わり合っていくことが必要不可欠です。

中にはどうしても好きになれない人、苦手な人もいるでしょう。

しかし、どんな人にも必ずいい面はあります。

いやなところばかりに目を向けずに、よい面を探してみましょう。

これは決して簡単なことではありません。

人間には、一度不快な思いをしたり、嫌な思いをしたりすると、それをもう経験したくない、と避けようとする心理が働くからです。

そこで、ポジティブに「この人にはこんないいところがあるのだ。」と考えられるようになると、それは自分のいい面に必ず結びつきます。

人に限らず、周りのものやささいなことにも目を向け、「いい面」を探していくようにしましょう。

客観的な視点をもてる、冷静な判断ができる、ということはなりたい自分に近づくためにとても必要な力なのです。

ささいな変化を喜ぶ

ほんの少しの変化、他人から見ればわからないような成長をしっかりと喜びましょう。

あなたをいつも見ているのは、あなた自身なのです。自分の変化に敏感になりましょう。

誰も気づいてくれなくても、あなたは自分の変化にきちんと気づいてあげましょう。

そして自分を認めてあげましょう。

その積み重ねが、「なりたい自分になる。」ための1番の近道なのです。

心に余裕をもつ

常に精一杯、100%全力で取り組むことはもちろんよいことなのですが、目の前のことに精一杯になりすぎると、視野が狭まってしまいます。

一歩下がり、広い視野から物事を考えることも大切なことです。

他人の幸せを素直に祝福できる心の余裕、自分に足りないものをしっかりと見つけられる心の余裕をいつも持っておけるようにしましょう。

悲観的な考えは捨てる

「どうせ私なんか」「私じゃ無理だ」なかなか思うようにいかないと、つい悲観的になりがちです。

「なぜ私ばかりがこんな目に」「こんなに頑張っているのに」と思ってしまうと、周りを羨んだり、卑屈になったり、と負の感情ばかりが連鎖してしまいます。

本当になりたい自分はそのような自分ではないはずです。

まずは、自分の考えをポジティブな方向に持っていきましょう。

「私だからできる」「私ならば大丈夫」自分で自分に言い聞かせていきましょう。

鏡の自分を見つめながら、口に出してみてもよいでしょう。

前向きな言葉は自分を前向きにしていきます。

そうすれば、物事はよい方向へとすすんでいくでしょう。

すぐに結果を求めない

何事もすぐに結果が出るわけではありません。

「続けること」によって少しずつ変化がおこり、その繰り返しによって理想を実現できるのです。

すぐに変化が見られなくても、結果がついてこなくても、継続して取り組んでいくことが大切です。

それがなりたい自分に近づくための1番の近道となります。

生活習慣を見直す

毎日あなたはどのように一日を過ごしていますか?

朝、ギリギリに起きてバタバタと準備して出かけてはいませんか?

ダラダラと携帯を触りながら、寝るのが遅くなってはいませんか?毎

日同じようなものばかりを食べてはいませんか?

生活習慣を整えることは心を整えることにもつながります。

朝、30分早く起きて、余裕をもって朝食をとり、朝でかけてみましょう。

栄養のバランスを考えて食事を摂りましょう。

寝る30分前からは携帯を触るのをやめ、今日の自分を振り返りながら眠りにつきましょう。

時間は有限です。

時間の使い方がうまくなると、心に余裕が生まれます。

いつもとは違う景色が見え、いつもとは違う視点から物事を考えることができるかもしれません。

心の在り方を変えるのは自分自身なのです。なりたい自分となるために、自分の心の持ち方を見直してみましょう。

【これであなたも色物】心の在り方を変える方法7選
最新情報をチェックしよう!